Index Lab. インデックスラボ

現役研究者による、長期投資家のための情報サイト

【8つの記事を要約】長期投資家におすすめのインデックスファンドと銘柄選定のポイント!

【銘柄選定のポイントと、おすすめ銘柄について、過去の記事をまとめました】■長期投資の銘柄選定で大切な2つのポイントを紹介!■実際に経費・コスト・税金を加味した時におすすめできる銘柄を下記4指数からそれぞれ選定しています。①全世界株、②S&P500、③NA…

【保有銘柄全34種を開示】ぴのの運用報告、2021年10月編

資産運用報告2021年10月編を更新いたしました。前月比-1.05%、約19万円資産が減少しました。本記事では保有している全34銘柄と、現在の積み立て投資設定状況を開示いたします。また、2021年9月に行った売買とその理由について紹介します。

【岸田対策!】金融所得の増税に対して、初心者投資家ができる2つの対策

■岸田内閣が金融所得の増税を提案しています。■金融所得の課税に対して、初心者投資家でもできる、リターンを高めるための2つの税金対策を紹介いたします。

【徹底調査】金利上昇局面で値上がりが見込める3つの株式セクター

■利上げ観測が高まり金利が上昇するとき、有利な株式セクターはどこなのでしょうか。■本記事では、過去21年のデータを解析し、米国10年債の利回りが上昇した月に、値上がりした株式セクターを明らかにしました。■平均リターンとその勝率を合わせて紹介します…

【データ有】金利上昇局面でも株式投資を続けるべきである理由

■利上げ観測が高まり金利が上昇するとき、有利な株式セクターはどこなのでしょうか。■本記事では、過去21年のデータを解析し、米国10年債の利回りが上昇した月に、値上がりした株式セクターを明らかにしました。■平均リターンとその勝率を合わせて紹介します…

【TECL長期投資が危険な理由】過去24年の長期シミュレーション結果

【レバレッジETFへの長期投資はダメな理由】■TECLの超長期シミュレーションを実施し、ITバブル・リーマンショック時にどのように値動きするのか検証 ■TECL24年分データを作成し、運用年数ごとの実績リターンを検証。■TECL長期投資の際にご参考になれば幸いで…

【図解:出口戦略】老後も資産は現金化せず、投資を続けるべき2つの理由

■老後であっても、退職金などの全資産を貯蓄に回すべきではありません。■老後資産でリスクをとるべきではないと主張する記事もある一方、実はリスクを取らないデメリットはとても大きいです。■本記事では、リタイア後であっても資産運用を継続する必要性につ…

【保有銘柄全34種を開示】ぴのの運用報告、2021年9月編

資産運用報告2021年9月編を更新いたしました。前月比+2.58%、約45万円資産が増加しました。本記事では保有している全34銘柄と、現在の積み立て投資設定状況を開示いたします。また、2021年8月に行った売買とその理由について紹介します。

【初心者】バイホールド戦略、株を売らないことが投資リターンを高める理由

■長期投資において、バイホールド戦略がなぜ有効なのか?■投資家の中には細かく利益確定をしていく投資家がいますが、実はこの戦略には重大な欠点があります。■本記事では課税制度の観点から、投資リターンを最大化する方法について紹介します。

【初心者】株式需要から考える!長期投資家の株の買い時、避けるべき銘柄

株価は本質的な株式価値に加え、投資家からの需要の大きさで決まる側面があります。本記事では、株式需要の観点から、株を買うべきタイミングと避けるべき銘柄についてまとめました。※本記事は入門の長期投資家向けに解説しております。

【実録】3年間投資を続けたソーシャルレンディングをやめようと決意した理由

■3年間マネオ(maneo)とクラウドクレジット(Crowd Credit)を通して運用を行ってきましたが、ソーシャルレンディング投資を辞めることを決断しました。■3年間のリターンと決断に至った経緯、また、もしソーシャルレンディングを活用するなら注意すべき点につ…

【保存版】米国主要経済指標10種の概要と発表日まとめ!

■株価に大きな影響を与える米国の経済指標としては、FOMC・雇用統計・失業率・ISM景況感指数・PMI・消費者/生産者物価指数・消費者信頼感指数などがあげられます。■本記事ではこれらの指標の概要と発表日についてまとめました。