Index Lab. インデックスラボ

現役研究者による、長期投資家のための情報サイト

資産評価

【ITバブル・リーマンショック】過去約30年チャートからシミュレーション:SPXL長期投資はやめとけ!

【レバレッジETFへの長期投資はダメな理由】■SPXLがITバブル崩壊・リーマンショック時にどのように値動きするのか検証しました■SPXL30年分データを作成し、運用年数に応じた期待リターンを紹介しています■レバレッジリスクについてご理解いただければ幸いで…

【8つの記事を要約】長期投資家におすすめのインデックスファンドと銘柄選定のポイント!

【銘柄選定のポイントと、おすすめ銘柄について、過去の記事をまとめました】■長期投資の銘柄選定で大切な2つのポイントを紹介!■実際に経費・コスト・税金を加味した時におすすめできる銘柄を下記4指数からそれぞれ選定しています。①全世界株、②S&P500、③NA…

【NASDAQ投資ならこれ!】徹底比較、NASDAQ (iFree、QQQ、MAXIS[2631]):経費、二重課税、為替・売買コストを考慮し比較!!

■ナスダックに投資をする投資信託やETFの代表として、①iFree NASDAQ、②MAXIS ナスダック(2631)、③QQQがあげられます。■本記事では、経費や課税、売買・為替コストを加味した際に、どの資産が高いリターンをもたらすのか、おすすめのナスダック銘柄について徹…

【ETF vs. 投信】徹底比較、おすすめ米国高配当 (VYM、楽天米国高配当、SBI・V):経費、課税、為替・売買コストを考慮!

■楽天米国高配当株式やSBI・V・米国高配当株式は、米国高配当株式ETFであるVYMに投資を行う投資信託です。■①これらの投資信託に投資をするのと、②VYMに直接投資をするの、どちらが高いリターンをもたらすのでしょうか。■売買コスト・為替コスト・経費率・配…

【S&P500投資ならこれ!】徹底比較、米国株式 (eMAXIS、SBI、2558、VOO):経費、二重課税、為替・売買コストを考慮し比較!!

■米国株式S&P500銘柄の中には、①SBI・V・S&P500、②eMAXIS Slim米国株式といった投資信託(投信)、あるいは③MXS全米株式ETF(2558)、④VOOといった上場投資信託(ETF)があります。■リターンを比較するうえでは、経費や配当金の課税、為替/売買コストを加味する…

【これだけは避けろ!】要注意!買ってはいけない米国ETFの特徴

■近年とても人気がある米国ETFですが、このETFに投資をすることは最善策とは限りません。■私がVWO(新興国)への投資をやめた理由を紹介しながら、避けるべき米国ETFの特徴を簡潔に紹介いたします!

【27年分のS&P500データで比較】毎日積み立てと毎月積み立て、リターンが高いのはどちらか?

「毎月積み立てと毎日積み立て、どちらが得をするのか」■本記事では過去27年間の米国株指数S&P500のデータを用いて、毎月と毎日、どちらの積立戦略の方がリターンを見込めるのか徹底比較し、理由も併せて紹介しております。

【徹底比較:1681・2520・1658】新興国投資の魅力、国内で買えるおすすめETFとは!

■新興国投資の3つの魅力について紹介。■日本ETFのうち新興国に投資をする【1681・2520・1658】の3種について、投資先や経費率・純資産・出来高について徹底比較。■米国ETFよりも日本ETFを買うべき重要な理由について解説。

【VT・VOO・VTI】配当金の二重・三重課税問題とその調整制度をわかりやすく図解!

米国ETFを活用する場合には二重課税・三重課税の問題を認識することは不可欠です。本記事ではVT・VOO・VTI・VWOを実際の例として挙げ、多重課税問題をわかりやすくイラストで解説します。また日本における二重課税調整制度とその適用対象についても紹介しま…

【7つの重大リスク】私が暗号資産(仮想通貨)に投資をしない理由

ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)への投資には大きなリスクがあります。本記事では、暗号資産の7つのリスク(課税・バブル・収益性・汎用性・ボラティリティ・政府の介入・新しい資産)について紹介いたします。潜在するリスクを知ってから投資を…

【PERの長期チャートから考察】ナスダックはバブル崩壊間近⁉

ナスダック総合指数は近年大きく上昇しています。現在のナスダックの水準はバブルなのでしょうか。本記事では、株価収益率PERと株式益回りの長期データとNASDAQの長期チャートを比較をして考察を行っています。

【VTI, VOO, SPY, VB】全米・大型・中型・小型株をサイズごとに比較、おすすめの米国ETF!

全米株(VTI、VTHR)、米国大型株(VOO、SPY、DLN)、中型株(IVOO、VO、DON)、小型株(VIOO、SPSM、IWM、VTWO、VB)を徹底的に比較し、まとめました。比較項目は経費、対象指数、出来高、チャート、過去リターン、シャープレシオです。米国株のETFを考えるうえで参…

【徹底比較】全世界株式 (eMAXISオルカン、雪だるま、VT、2559):経費、三重課税、為替・売買コストを考慮し比較!!

全世界株式を対象としたファンドの中には、【eMaxis Slim 全世界株式(オールカントリー)】【SBI全世界株式(雪だるま)】【楽天VT】といった投資信託(投信)、あるいは【MXS全世界株式ETF(2559)】【バンガードトータルワールドストック(VT)】といった上場投資信…

【図解】【分配金再投資vs分配金なし】課税を考慮した時、リターン(複利効果)が高い投信はどちらか

投資信託(投信)には「分配金あり」と「分配金なし」の2種類あります。一般に、分配金なしの方が分配金再投資よりもハイリターンです。本記事ではその理由を理解するうえで不可欠な、税金が複利効果に与える影響について、イラストを用いて解説します!

【商品への投資は不要!】コモディティ投資より、株式セクターへの長期投資がハイリターンな理由

インフレヘッジとして、金(ゴールド)や石油、仮想通貨といったコモディティ投資が有効です。一方、長期投資家にとって、商品への投資はあまり魅力的ではありません。本記事では、コモディティと株式の根本的な違いに触れたうえで、セクターETFの魅力について…

【ビットコインはチューリップ】【仮想通貨NG】長期投資家が仮想通貨に投資してはいけない理由

皆さま、お疲れ様です!ぴの(ぴの @インデックス怪獣 (@indexpino) | Twitter)です 今回は大切な内容なので、かなりパワフルなタイトルにしました笑 2020年2月現在、ビットコインをはじめとした仮想通貨は、ブームの中で大きく値動きしながら値上がりして…

【資産クラス別リターン】【13年分のデータ】配当再投資をした際、リターンが期待できるおすすめ資産とは!

配当再投資は長期投資の成功に不可欠です。一方で、過去のチャートを見るだけでは配当込みのリターンを見積もることはできません。本記事では配当金再投資をした際の先進国株式、新興国株式、日本株式、米国リート(REIT)、日本リート(Jリート)、先進国債券、…

【図解】【危険:レバレッジ投資の罠】SPXL、TECL、SOXLに長期投資をしてはいけない2つの理由

SPXLやTECL、SOXLといったレバレッジ型ETFは一部の投資家に人気のファンドです。一方、これらのハイレバレッジファンドには大きなリスクがあります。本記事では、特に見落としがちな重大なリスク2点について紹介いたします。投資を決断する前にご参考にして…