Index Lab. インデックスラボ

現役研究者による、長期投資家のための情報サイト




【衝撃の廃業】バンガード社の日本撤退が個人投資家に与える影響

 

 皆さま、お疲れ様です!ぴの(ぴの @インデックス怪獣 (@indexpino) | Twitter)です🐤

 世界最大級の資産運用会社であるバンガード社の日本法人(バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社)が2021年2月28日をもって廃業しました。バンガード社は投資家の中では知らぬものはいないと言っても過言ではなく、多くの投資家がお世話になっている会社です。

 今回はバンガード社の日本法人廃業が個人投資家に与える影響についてまとめさせていただきます。

 

【結論】

・資産運用に関しては影響はない

・ウェブサイトは閉鎖

 →過去のアーカイブ含め、日本語での情報提供はなくなる

 

目次

 

【衝撃の撤退】バンガード社の日本撤退が個人投資家に与える影響

 

 

バンガード日本支社の廃業の経緯

 バンガード社は1975年、ジョン・C・ボーグル氏により創業された米国の資産運用会社です。1976年には世界で初めてとなる、株価に連動した低コストのインデックスファンドの提供を始めました。

 バンガード社の資産運用のモットーは「長期・分散・低コスト」であり、その理念に従ったインデックス商品を提供し続けることにより、現在は世界最大級の資産運用会社となっております。

 日本法人が設立されたのはおよそ20年前に遡り、設立以来継続的に日本の投資家向けに運用状況の報告や、資産運用の基本原則・相場の考え方など、大変有意義な情報を提供してきました。私もバンガード社の情報から、多くを勉強させていただきました。

 しかしながら、バンガード社は2020年8月27日に、アジア事業の見直しに関する内容を発表しました。その中には、①日本および香港から撤退すること、②今後は中国本土における事業に資本を向けることが含まれていました。多くの投資家にとってはバンガード社の日本からの撤退は衝撃的だったと思います。

 現地で法人を持ち、情報提供をすることはコストがかかる事業であると言えます。バンガード社の日本撤退は、今後も継続的な低コスト商品を提供するための重要な戦略であると考えられます。

 2021年2月1日には、日本バンガード社のウェブサイト閉鎖に関する案内が投稿され、3月に入ってからは、バンガード社のウェブサイトにアクセスすることができなくなっております。(ウェブサイトは全て下記のページが表示されるようになっています。)

バンガード社のウェブサイトにアクセスしても情報は取得できない

 

資産運用への影響

 結論としては、今回のバンガード日本支社の廃業が、投資家の資産に与える影響はありません。これはもともと日本法人には、資産運用の機能を兼ね備えてはいなかったためです。これまでと同様に、VTやVOOといった低コストのインデックス商品を購入、保有、そして売却ができます。

 また、NISA(少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)に関わるような投信積立についても影響はないことが楽天証券のウェブサイトでは案内されています。

 

日本語版ウェブサイトは閉鎖へ

 これまでに、バンガード社からは個人の投資家向けに、資産運用情報が継続的に発表されていました。しかしながら、日本法人の廃業に伴い、この先はそのようなリリースを日本語で入手することはできなくなります。またウェブサイトの閉鎖に伴い、過去のアーカイブにもアクセスすることができなくなりました。これらはとても残念なお知らせだと感じています。 

 ウェブサイトは閉鎖になりますが、今後のETF等の運用報告は、Teneo Partners社のWebサイトから情報が取得できることが、バンガード社からの案内に記載されています。

 以前の私のブログでは、バンガード社が考える、成功する投資家4原則に関するリリースをまとめた記事を書かせていただきました。こちらに関しても現在は原本にアクセスができなくなっています。とても重要な内容が多く含まれていたため、アクセスができなくなることはとても残念です。

 

 

 

 

終わりに

 私はバンガード社から、「長期・分散・低コスト」こそが投資の成功に不可欠なポイントであること学んできました。そして、これを実現する最善策が、長期インデックス運用であるというバンガード社の主張を、私は強く信じています。この結論は将来、変わることはないでしょう。

 バンガードが日本から撤退することにより、ウェブサイトは閉鎖され、将来的な情報収集や過去の貴重なアーカイブにアクセスできなくなることは、個人投資家にとっては大きな損失です。一方で、バンガード社の商品に関してはこれまでと変わらずに購入・保有ができるので、その点はご安心ください。 

 日本語での情報取得はできなくなりますが、証券会社などを通して、バンガード社からのメッセージが継続的に聞ける機会が増えれば、個人的にはとても嬉しく思います!また、今回の廃業に伴う経費削減で、バンガード社から更なる良い商品が提供されることを期待しております。私は引き続きバンガード社のETFを購入してきます!

 今回の記事が皆さまの良い投資につながりますように。

 

■参考文献■

 

■■■■■■■■■■■■■■■■

Index Pino  ぴの @インデックス怪獣 (@indexpino) | Twitter

ぽちっと1票ずついただけると嬉しいです😊

①ブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 投資ブログへ

②ブログランキング


金融・投資ランキング

 

✨私のブログは一切有料化しません✨

気が向いて応援したいと思いましたら、下記リンクから興味ある商品をご検討いただけると嬉しいです!

 

 投資はご自身のご決断で!

■■■■■■■■■■■■■■■■